交通事故の当事者になってしまったら阿野順一に相談を

自動車の免許を保有したら、いつ交通事故に巻き込まれるかはわかりません。自分がいくら気をつけていても、もらい事故をしてしまうことがあり、当事者になる可能性は誰でも秘めているのです。また、自分が歩行者の場合であっても同様ですし、最近は自転車による事故も増えています。加害者側でも被害者側でも、その立場になることは避けたいものですが、どうしようもないからこそ、それは事故と呼ばれるのです。

そして、交通事故の当事者になってしまった場合、その場で怪我の手当てなどの応急救護、警察や救急への連絡など、やるべきことがありますが、その後には示談交渉というものが待っています。加害者が確定した時点で保険会社を通して被害者側への示談金の支払いがおこなわれます。しかし、保険会社は少しでも安くおさえたいと考えるわけですし、お金を受け取る側は少しでも高く受け取ろうとします。このため、何度も話し合いがおこなわれるのですが、たとえば自分が被害者側になった場合、相手はこれまでに数多くの示談交渉をおこなってきたプロですから、初めて示談交渉をおこなう一般の方は保険会社に言いくるめられれ、適当な金額で示談してしまうかもしれません。

加害者側が自賠責保険と任意保険に入っていたとしても、自賠責保険の範囲内だけで示談を済ませるように仕向けてくることも多いのです。自賠責保険だけならば保険会社からの持ち出しがないからです。しかし、世間的な相場よりも低い金額を受け取っていたのでは損ですから、このような場合には弁護士に間に入ってもらい、納得いく金額を受け取るようにしましょう。そこで信頼できる弁護士として紹介できるのは、弁護士阿野順一です。

阿野順一はこれまでに数多くの交通事故の案件を取り扱い、示談交渉に関してエキスパートとも言える存在です。そのため、阿野順一に任せておけば満足いく結果を得られる可能性が出てきます。阿野順一は交通事故専門の弁護士というわけではなく、そのほかにも遺産相続問題やDVや離婚問題など家庭における法律の問題にも対処する弁護士です。

弁護士阿野順一の取り扱い分野は幅広く、今後も色々な部分でお世話になれる可能性がある先生ですから、その存在を知っておく意味は大きいと言えます。弁護士阿野順一は、弁護士本業の活動以外にも公的な立場での活動やセミナーなども開催していた実績から、信頼できる弁護士としても知られています。依頼するからには、この信頼性がとても重要なポイントとなりますので、ぜひとも多くの弁護士の中から彼を選んでみましょう。

http://www.souzoku-navi.com/kanagawa/900102/keisai/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る