八ツ田和夫の食事

家で過ごす日の食事

八ツ田和夫は単身赴任中のサラリーマンです。
彼には妻と二人の娘がいますが、今は離れた場所に住んでいるため、休日は一人で過ごすことが多いです。そんな彼の趣味は読書に料理にゴルフ、そして飼っている魚たちを眺めることです。
休日の朝は朝市へとでかけます。
そこでは新鮮な採れたての野菜やフルーツがたくさん売られているので、朝ごはんと夜のデザートに食べるためのものをいくらか買います。
朝市で買う食材でとりわけ気に入っているのは卵とりんごとイチゴです。
家に帰ると彼は朝ごはんを作ります。目玉焼きとハムを焼いたものとサラダを少し、そして切ったりんごとヨーグルトです。
食べる前に必ずごはんの写真を携帯電話で撮ります。遠く離れて住む妻に、日々何を食べているかを報告するためです。
八ツ田和夫は以前は休日になると同僚たちとゴルフに出掛けていました。しかし今は腰と腕を痛めてしまったため、それはできません。
今の彼は代わりに料理をします。今日は豚バラブロックをワインとトマトソースで煮込んでいるところです。
彼の好物は魚ですが、今住んでいるところは海から遠く魚は高価なため、肉を多く食べます。
煮込み料理を待つ間は本を読んで過ごします。本にこだわりはありませんが、今は時代物を多く読みます。娘たちに歴史の知識で負けたくないからです。
煮込んだ料理を食べ、テレビの大河ドラマを見ているうちに八ツ田和夫の休日は終わります。

会社にでかけるときの食事

八ツ田和夫は朝に強いです。
出勤日はいつも朝ごはんと、お弁当を作ります。
お弁当にいれるものは前日の夜の残りものと卵焼き、彩りを出すためにトマトとブロッコリーを入れます。
お弁当箱が埋まらないときには、お弁当にいれるために作って保存してある小さなハンバーグやきんぴらごぼうを入れます。
カリカリのトーストとお弁当の残りものが出勤日の朝ごはんです。
単身赴任前の八ツ田和夫はお弁当を持って出勤することはありませんでした。
妻が作らなかったわけではありません。
妻はいつも朝に自分の分と娘達の分のお弁当を作っていたので、彼の分をひとつ増やすことくらい簡単なことだったでしょう。
でも、夫が会社でからかわれることを恥ずかしがって断ったのです。
単身赴任を始めてから、それまで以上に料理の楽しさに目覚めた彼は自分でお弁当を作ることを覚えました。
会社ではみんなが彼のお弁当を褒めてくれます。でも、愛妻弁当をからかわれる後輩を少しだけ羨ましく思うこともあります。
仕事が終わるとスーパーに寄って晩ごはんの買い出しをします。近頃はあまりビールを飲むこともなくなったので、おつまみは買いません。
翌日のお弁当に入れやすいおかずを考えながら、八ツ田和夫はごはんを作ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 浦和 マツエクを続けていくのであればパティオ北浦和店はいかがでしょうか?こちらは最寄り駅である北浦和…
  2. 一橋学園 美容院のglam&upは、一人一人の髪質や骨格に合った施術をしています。カウンセリングから…
  3. 秀光ビルドはこれまでにない家づくりのスタンダードを用意しています。より安心してもらえるような家づくり…
ページ上部へ戻る