久野修司が情熱を燃やしながら取り組む音楽活動

久野修司は、CDデビューを果たすために活動しているシンガーソングライターです。持ち前の歌声と歌唱力を活かして、都内を中心に活躍の幅を広げています。夢を追う26歳のフリーターでありながら、心に響く歌声で着実にファンを増やしているとも言え、最近は週2回程度の頻度でライブをおこなっているのが特徴となっています。まだまだ成長しつつある彼の歌声と歌唱力は、今後もさらに飛躍していくことでしょうし、何より歌のセンスも磨かれていくため、よりファンも増加していくはずです。さまざまな歌を歌っていますが、久野修司が好んでいる歌はロックです。求められる歌を歌うというよりは、彼が歌いたい歌を歌うというのが特徴で、それが人々の心を打つことにも繋がっています。
実際、多くの方が活動している中で、彼は個人で活動を広げている人物です。誰も見向きもしないシンガーソングライターが多い中、久野修司もまだまだ有名とは言えないです。しかし、だからこそ彼は自分の歌声に乗せて、世界に自分の声を届けようとしているのです。定期的に行っているライブには、すでに多くの方が集まるようにもなっていて、素人の域はすでに超えていると言って良いでしょう。巧みなセンスと音楽が好きという情熱があるからこそ、彼の歌には力が込められていると感じる方も多いのです。それによって、多くの方が楽しめるようになっており、歌本来が持つ楽しさや嬉しさを表現することも、彼が得意とする領域だと言えます。

近年ミュージシャンやアーティストを目指す若者が多い中、久野修司自身もまたその一人となっています。夢はCDデビューし、多くの方に自分の歌を聞いてもらうことです。そう語る彼の魅力は一体どこにあるのでしょうか。彼の歌はロックがテーマだったり、バラードがテーマだったりさまざまです。歌いたい歌が多すぎて、彼は色々なジャンルの歌を作り、それを届けているのです。しかし、逆に言うとそれによって彼本来の力の出しどころが、まだまだ未確定という結果にも繋がっています。歌が好きで歌い続けている彼だからこそ、より多くの人に認めてもらうためには、自分にしか出せない決め手が必要となるのです。もちろん、彼はそんなことを気にせず、純粋に歌というものを楽しんで活動しています。久野修司は、B’zが好きで彼が音楽の道へと飛び込んだきっかけも彼らの音楽に魅了されたからです。自信が尊敬している歌手を目指して、今日も歌い続けているのです。
そういった彼の情熱もあり、最近はライブも好評となっています。音源などはまだ完成していないものの、徐々に彼のCDデビューへの道が切り開かれていると言って良いでしょう。歌手を目指している若者はたくさんいます。だからこそ彼はより良い自分の歌を届けようとしています。久野修司にしか歌えない歌、久野修司だからこそ感動させられる歌があります。まだ知られていないだけで、今後成長を重ね、よりその活躍も幅広くなっていきそうな人物だからこそ、注目しておいて損はないと言えるでしょう。誰も見向きもしない、聞きもしないシンガーソングライターは山ほどいます。しかし、そこで心が折れてしまうほど、久野修司の心は脆くありません。

定期的に自分の歌声を届け、ライブによって着実にファンを増やしている彼だからこそ、今後はシンガーソングライターとして成功すること間違いないと言っても過言ではありません。どこまで求めるのが正解、どこまでが不正解ということはないのが音楽業界の魅力であり、不透明な現実でもあります。その中で必死に成長しながら、自分だけの歌を届けるのが彼の目指すところです。誰もが歌えるような歌ではなく、魂に響くような音源が完成すれば、知名度は高くなるかもしれません。そう思えるほど、彼の歌声には力が入っており、それと同時に感動なども詰まっています。誰かの心を揺さぶれる歌が、彼の中には詰まっているのです。もちろん、その歌声に関しては、週2回のライブで聞くことができるのですが、まだまだ彼は完成形とは言えません。
だからこそ、努力をしてCDデビューに向けて奮闘しているのです。今後、求められるものはもっともっと多くなるはずです。その中で、一人のミュージシャンとして、一人のアーティストとして何が出来るのかが重要です。シンガーソングライターはライバルも多いですし、近年はレベルの高い人もたくさんいます。その中で、個性を惹き出し、自分の歌を届けるというのは決して簡単なことではありません。しかし、簡単ではないからこそ、久野修司自身の闘志にも火が付いていると言って良いのではないでしょうか。飽くなき探求心を持ち、音楽に対して真摯に向き合っていれば、きっと彼のCDデビューも夢ではありません。むしろ、その夢は目の前まで迫ってきていると言って良いのではないでしょうか。今後、彼の歌をどこかで聞ける日が来るかもしれません。それまでは、まだまだ成長を続けてもらいたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 美容ライターの牧野奏子は慶應義塾大学に在籍していた学生時代から、男性からとても人気があったそうです。…
  2. 知らない人に声をかけ、時計をあげるといって高額の資金を取られてしまう被害があるのをご存知でしょうか。…
  3. 松岡哲也は友人が多い40代の茨城県に住む会社員の男性です。明るくて、ハキハキとした物言いで人当たりが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る